こたハナ日記。

FTMです。
大切な妻と念願叶って新しい家族となった心太郎(こたろう)♂と2017年5月に我が家にやって来た心花(はな)の4人家族です。多頭飼いは初めてですが、力を会わせて楽しく人生(犬生)を生ききります。

決断しました。


こんばんわー。


めっきり、
寒くなりました(>_<)


洋服着て、お出かけだ(^.^)


まぁ、獣医さんの所なんですけどね(´ω`)


と、言うのも、
以前から様子を見ていた、左膝の脱臼癖。
軟骨形成を促す注射をしても
一向に良くなる気配がなく・・・。
逆に、
左足をかばってか、右の膝も脱臼するようになりまして。。。


本人は、
足を気にしたり、痛がる様子もなく、
あれっ?治ったかも((((oノ´3`)ノ
と、期待をしていましたが、
なんと
脱臼することに慣れてしまっているようです。


先生が、触診をすると容易に外れてしまう。
という状況が続いていました。


時々、走ったり、ジャンプしたりした後、
膝が外側に外れている様子もあり。
膝の事があって以来、
あんまり激しい運動をしないようにと、言われていましたが、
本人は、なんのこっちゃ(´・ω・)
見ているこっちはヒヤヒヤ(;´・ω・)


脱臼しているなぁと思ったら、
足が、悪くなったらいけんから、
ハウスね~(´・・`)
が、
ここ最近の定番。


もちろん心太郎は不満顔(。-_-。)
そりゃそうだ。


まだまだ、
脱臼のグレードは低いので、
このまま様子を見てもいいのですが、
いつまで、
激しい遊びを禁止すればいいのか。。。
犬って、走ったり、飛んだりするのが楽しいのに。
しかも、
心太郎は遊びが大好き。走るの大好き。
他の子とも遊びたい。



今後、グレードが上がる可能性もあり。
また、靭帯が切れてしまうリスクがあったり、
脱臼を繰り返すことで、
靭帯と骨が、擦れて関節炎を起こしてしまう可能性が高く。
そうすると、
手術の内容も難しくなり、痛みを伴うことになるのだそうです。


何度も
妻と一緒に、獣医さんの所に相談に通い
妻と何度も話し合いました。


心太郎にとって、
何が一番、楽しく幸せに過ごせる手段なのか。
これも天命に任せて、成るように成る。
と、なにもせずに過ごすか。


手術は、
膝のズレた靭帯を正常な位置に戻し
ピンで固定。


安静は3か月間。
そのうち、1か月間はギブス生活。
残り2か月は安静生活。
3か月目に、靭帯と骨を固定したピンを外す手術をして、
治療は終了となります。


なので、
麻酔を2回かけることになります。
短頭種なので、麻酔のリスクは高い。

安静は、ストレスになるだろう。散歩にも行けませんし。
カラー生活も1か月。
以前、去勢の手術の時に、
カラーで皮膚が炎症を起こしたこともあります。


色々と、リスクを考えると
不安になってしまいます。
やめようか、やろうか。。。



心太郎に問うても、答えてくれませんし。
間違いなく、
心太郎にとっては、ストレスの多い
3か月になるでしょう。
訳も分からず、痛い思いをして、やりたいことができない。


しかし、僕は、
心太郎が、心太郎らしく
元気に思いっきり走り回っている姿をヒヤヒヤすることなく、
微笑みながら見たいっ!!


靭帯が切れるかも、足が外れてるかも。

ビクビクしながら見守るのも、正直辛いです。


心太郎が楽しい時に、僕らも変な心配をすることなく
一緒に、楽しみたいっ!!


ドッグランなどで、
楽しそうに走り回っている
皆さんのブログを見て、
心太郎のそういう姿を見たいし、
それが本来の犬の姿だと思いました。

楽しそうに遊んどる(^.^)

この姿をずっと見ていたい。


色々と検討した結果、
手術をする決断をしました。
手術は、来週の土曜日の予定です。


手術をする旨を、息子に伝えました。

足の手術をすることになったよ。

えっ?

なんのこっちゃ。



僕と妻とで、一生懸命考えた結果だから、
どうか、悪く思わんでね。
3か月頑張ろう!!

しばらく、散歩には行けれんくなるけど、
頑張ったら、
楽しく、思いっきり遊べるようになるから。


ムラゴンのみんなと、
一緒に沢山遊べるようになるからね。
みんな待っとってくれるよ(^_^)
君は幸せ者だね(*^-^*)


我が家、力を合わせて頑張ります!!!








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。