こたハナ日記。

心太郎と心花。日々を懸命に、賢明に。。。

FTMです。
大切な妻と念願叶って新しい家族となった心太郎(こたろう)♂と2017年5月に我が家にやって来た心花(はな)の4人家族です。多頭飼いは初めてですが、力を会わせて楽しく人生(犬生)を生ききります。

タブーではない。



足のことがあるので、
夜の仕事の時、
子達二人っきりでの留守番は、
さすがに怖い。


なので、
かかりつけの獣医さんのホテルへ(^_^)



心太郎は、ベンツへ乗車。
若者は、歩きで(^○^)



ベンツと並走する、ハナ。

楽しそう♪
兄ちゃんを気にしてくれるんだよね(^_^)


で、
迎えに行って。


獣医さんに言われました。


心太郎くんは、
とっても我慢強い(^_^)


他の子が、目の前で遊んでいたら、
最初は、
出して~(´・c_・`)僕も遊びたいよ~( ´△`)
と、
グズるのですが、
すぐに諦めて、寝る(笑)



一方、ハナは。。。
極度の淋しがり屋の甘えん坊。
観察力が高く、賢い子。



どうにか遊んでもらうべく、
相手にされるまで
ひたすら、甘い声で鳴く(..)
ねぇ~、先生遊んでよ~、淋しいよ~(´・ω・`)
これは、我が家でも同じ手法(笑)


さらに
相手にされなかったら、
うんちをして、気を引く作戦に転じ(笑)
そうすると、
誰かが来て、声を掛けてくれる。


ヤッタァ!!嬉しい♪♪
もっと気を引こう!!!


と、
うんちを何回もする(笑)


で、普段はしない
うんちで遊んで、
食糞をする( ̄▽ ̄;)


で、気持ち悪くて、嘔吐。。。




お家での留守番の時も、
一緒にいる時も大変でしょう?
と、先生が心配してくれました。


というのも、
先生が想像していたよりも、
ハナの分離不安の行動が凄かったと(^_^;)


全ては、人の気を引きたいが故の行動。


これは、
分離不安で間違いないでしょう。
と、言われました。
そして、
このくらい強い分離不安の行動を治すのは難しいでしょうとも。


それは、
薬に頼らず
トレーナーさんにお願いして訓練するなど
色んな方法があって。


でも獣医さんは、
僕らは、それを望んでいない
という旨を知っているので
それは勧められませんでした。


僕らの生活環境から
人間が折れることもひとつの手段だと。


いわゆる、
躾的にはタブーなのでしょうが、
ハナの要求を、逆に受け止める。


夜中も出してくれ~と、しつこく要求。
僕らも次の日の仕事に備え
睡眠は大事で。
ならば、
一緒に寝てやって、
それで、ハナの不安がなくなり
僕らも途中で起こされなくて済むのなら
それは、タブーではなくなる。


一緒に生活する上で
生活環境に影響しなければ良し。


暫くは、
サプリメントを続けて、
薬効を評価していきましょう。
必要時は、
不安を抑える、内服もした方がいいかもしれない。
という、方向性に。


こうして、ハナは分離不安と診断。


これから、
一緒に生活を送る時間も長いし
お互いに、過ごしやすい環境と方法でやっていこうね。



ホテルで相当お疲れだったようで。

僕と手を繋いで(笑)


引っ付いて


寝る。
安心したんだね、淋しかったね。
たくさーん、撫でて、抱きしめました。



我慢強い心太郎にも

心太郎、偉いね(^_^)
たくさん我慢しとるんよね(^○^)


こちらも
たくさーん、撫でて、抱きしめました。

そして、大イビキで爆睡。
安心したんだね(^_^)
お疲れさま。


性格の違うふたり。


僕と妻にとって、
どちらも愛おしいく、
そして
たくさん、力をくれる
大切な大切な存在です(^_^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。